2012年12月04日

しみとしわの改善にプラセンタ

しみやしわにいい栄養成分として注目されているのがプラセンタです。
胎盤を意味するプラセンタは最近注目の成分ですが、どのような作用を及ぼすものなのでしょう。
母胎と胎児の仕切りの役割を果たしている胎盤は、胎児に栄養を与えるための機能が備わっています。


美肌成分として使われているプラセンタは、胎盤からお肌にいい成分を抽出し、安全に摂取できる状態にしたものを指します。
サプリメントや化粧品で用いるプラセンタ原材料は、豚の胎盤を用いることが多いといいます。
アミノ酸やミネラルが豊富で、お肌にいい成分を効率的に摂取できることがプラセンタの魅力です。
歴史的な美女であるクレオパトラも、プラセンタの美容効果を活用していたと言われています。


しみやしわのない肌を保つためにプラセンタが活躍していたといえるでしょう。
プラセンタの利用方法としては、サプリメントや化粧品のほか、美容によいプラセンタ注射をしてもらうというものもあります。
近年では、植物性の原材料からつくったようなプラセンタも関心を集めているといいます。
美白効果もあることから、植物性プラセンタはしみ予防効果が期待できます。
しわやしみが目立たない肌であり続けるために、肌のコンディションを整える効果があるプラセンタをぜひ上手に使ってみてください。
タグ:プラセンタ
posted by あけみ at 00:00| プラセンタ

2012年11月28日

乾燥肌の仕組み

効率よく乾燥肌対策を、乾燥肌の仕組みを知ることで実践できるようになるといいます。
案外多いのが、白く粉を吹くような乾燥肌に、肌がカサカサになってしまい悩まされている人です。


乾燥肌という肌の状態は、肌の表面にある角質層の水分が不足していること指します。
外部の刺激や乾燥から、角質層に適度な水分が保たれていることで、肌を守ることが可能になります。
まず乾燥肌の仕組みを知ることが、乾燥肌対策を行うには重要だといえます。
脂性肌が乾燥肌の反対だという人が多いようです。
油分の多い脂性肌かどうかとは別問題で、乾燥肌とは水分が少ない状態のことを指します。
乾燥肌対策と脂性肌対策を共に講じなければならない場合もあり、案外多いのは乾燥肌かつ脂性肌という人です。


大事なことは乾燥肌の対策を講じるために乾燥肌の原因を理解することです。
先天的なものと後天的なものと、乾燥肌の原因は大きく分けて2通りあるといわれています。
原因を取り除くような対策は立てづらいのが先天的な乾燥肌で、生まれつきの肌質や体質が原因となっています。


皮膚に触れる空気の乾燥や紫外線の影響、生活習慣、加齢による肌の変化などが、後天的な乾燥肌というものです。
仕事の関係や環境的な都合で避けづらいものも後天的な原因の場合はあるようです。
できる範囲で正しい洗顔や睡眠時間の確保、食事の見直しなど実行していくことでできるようになるのが、乾燥肌対策をだといえるでしょう。
タグ:乾燥肌
posted by あけみ at 11:00| 日記

2012年11月13日

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

お肌に良い効果があるヒアルロン酸やコラーゲンは関心を集めています。
コラーゲンやヒアルロン酸の補給手段として、オーソドックスなのがサプリメントの利用です。
一つのサプリメントでヒアルロン酸とヒアルロン酸が補給できるものもあり、美容に関心のある人が活用しています。
普段の食事内容や肌のコンディションをチェックして、より必要なほうを補給するのもいいでしょう。
ヒアルロン酸は、肌の乾燥が気になっているという人に適しています。


しみやしわを解消したいという人はコラーゲンを摂取するようにしてください。
今現在、医療機関から何らかの薬を出してもらっているという人は気をつけたい点があります。
人によっては、肝臓機能に影響がないよう、サプリメントを使わない方がいいこともあります。
いつも飲んでいる薬にプラスしてヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを飲む場合は、医師の判断があれば確実です。
健康にもいいことが、ヒアルロン酸やコラーゲンには知られています。



体内のコラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、関節の痛みや感染症リスクが高くなります。健康維持の上でも、サプリメントでヒアルロン酸やヒアルロン酸を摂取することは意味があるといえるでしょう。
適切な方法でヒアルロン酸やサプリメントを補うためには、サプリメントの取り扱い説明書の内容を守ることです。
posted by あけみ at 11:00| ヒアルロン酸とコラーゲン