2012年12月14日

しみやしわの予防

年を取ると、だんだんとお肌のしみやしわが目につくようになるものです。
しみやしわのないお肌になるために、まずすべきことはどういったことでしょう。
しみやしわは、紫外線の影響によって増えるといいます。
紫外線を肌に浴びないように気をつけることです。
一旦しみができると、消すことは容易ではありません。
紫外線から肌をガードすることを重視することです。
曇っている日も、冬場でも、紫外線は地球上に到達しています。


日焼け対策やUVカットは、どんな時でも欠かさないようにしてください。
紫外線は光老化の要因になっているため、紫外線を肌に浴びるとでしわの増加も関わっているといいます。
目もとや口もとの皮膚が乾燥するのは、紫外線が皮膚を乾燥させているためでもあります。
薄くデリケートな肌が乾燥すると、小さなしわがたくさん刻まれるようになります。
乾燥が進むと、どんどんしわが目につくようになります。
保湿成分を含む化粧水などを使っても、紫外線による肌の乾燥のリカバリーはできません。
コラーゲンが寸断されているため、しわはできたままになってしまうといいます。日ごろから紫外線対策をしておくことが、しみやしわを未然に防ぐ手立てとなります。

紫外線による肌の影響を阻止するため、紫外線から肌を守るクリームやグッズを活用することが、しみやしわをふやさない効果があります。

タグ:しみ しわ
posted by あけみ at 00:00| しみやしわの予防