2012年12月10日

にきびと洗顔

にきびを気に病んでいるという人は、洗顔方法を見直してみるといいでしょう。
本当に洗顔をしていればにきびは改善できるのでしょうか。
実は洗顔を一生懸命しても、にきびが良くならないことがあります。

肌が弱酸性状態にある時が、コンディションとしては理想的です。
お肌を弱酸性に保ってくれる働きがあるのが、肌に住んでいる細菌です。
胃腸の善玉菌や悪玉菌は有名ですが、胃腸だけでなく、皮膚にも善玉菌や悪玉菌が存在します。
顔をきれいにするためと、常に洗顔をしていると、肌にとっては大事な筋である表皮ブドウ菌まで失ってしまいます。

洗顔を繰り返すたびに善玉菌が洗い流され、肌は無防備な状態となります。
洗顔後の肌はアルカリ性になり悪玉菌が繁殖し、乾燥した肌になります。
乾燥してもにきびはできるので、洗顔をすればするほどなかなかにきびが治らないということが起こるのです。



1日に繰り返し洗顔をすることは、にきび予防に取り組む人には好ましくはありません。
1日2〜3回程度の洗顔で十分です。お肌をやさしくいたわってあげましょう。
石鹸をよく泡立てて優しく洗い、よくすすぐことがにきびケアの洗顔のポイントです。
にきび対策にと頻繁に洗顔をしていたという人は、洗顔回数を少し減らし気味にした上で、顔の状態を観察してみてください。
タグ:洗顔 にきび
posted by あけみ at 12:05| にきび

2012年12月04日

しみとしわの改善にプラセンタ

しみやしわにいい栄養成分として注目されているのがプラセンタです。
胎盤を意味するプラセンタは最近注目の成分ですが、どのような作用を及ぼすものなのでしょう。
母胎と胎児の仕切りの役割を果たしている胎盤は、胎児に栄養を与えるための機能が備わっています。


美肌成分として使われているプラセンタは、胎盤からお肌にいい成分を抽出し、安全に摂取できる状態にしたものを指します。
サプリメントや化粧品で用いるプラセンタ原材料は、豚の胎盤を用いることが多いといいます。
アミノ酸やミネラルが豊富で、お肌にいい成分を効率的に摂取できることがプラセンタの魅力です。
歴史的な美女であるクレオパトラも、プラセンタの美容効果を活用していたと言われています。


しみやしわのない肌を保つためにプラセンタが活躍していたといえるでしょう。
プラセンタの利用方法としては、サプリメントや化粧品のほか、美容によいプラセンタ注射をしてもらうというものもあります。
近年では、植物性の原材料からつくったようなプラセンタも関心を集めているといいます。
美白効果もあることから、植物性プラセンタはしみ予防効果が期待できます。
しわやしみが目立たない肌であり続けるために、肌のコンディションを整える効果があるプラセンタをぜひ上手に使ってみてください。
タグ:プラセンタ
posted by あけみ at 00:00| プラセンタ